「ソース」は、あなたが「本当にワクワクすることは何なのか」「これからの人生で大切にすべきことは何か」「これからどの方向に向かって進むのか」を明確にできる、全米で2万人の人生を変えたプログラムです。
日本では、開発者マイクマクマナス著の本「ソース」VOICE社刊 が出版されており、すでに28刷という静かなベストセラーになっています。
私自身、まだサラリーマンだった2000年にこの本に出会い、2001年に「ソースワークショップ発見編」を受講しました。
「発見編」は2日間のワークショップで、あらゆるワークで過去のワクワクを思い出して、その奥深くにある「ワクワクの要素」を抽出します。
それをまとめて、「ワクワクの地図」を創ります。この「ワクワクの地図」が本当に絶妙で素晴らしいのです。
一枚の紙に、「本当にワクワクすることは何なのか」「これからの人生で大切にすべきことは何か」「これからどの方向に向かって進むのか」が表されます。
正直な所、この地図を創ってからの私の人生は、その通りに動いています。
「ソースワークショップ」にはベーシックセミナーである「発見編」の2日間に続いて、アドバンスセミナーとして、「活用編」の2日間があります。

「活用編」では、ワクワクだけで日常を生きていくための、あらゆる深いエッセンスをソース開発者マイクマクマナス氏の言葉から学ぶことと、1日目「理想のパートナー」の要素を明確にし、2日目「理想の仕事」の要素を明確にします。私自身は2003年にこの「活用編」を受講し、「パートナーの要素と、仕事の要素」を明確にしました。それにより、その後の私の人生は、ワクワクだけで生きる方向へ完全にシフトしました。サラリーマンを辞め、日々本当にやりたいことだけを選択し、今この瞬間に意識を向け、本当の自分を大切に扱うことに目をむけました。

「理想のパートナーの要素」とは言っても、結婚相手やビジネスパートナーというひとりだけに限らず、まわりの人間関係すべてに関することになります。愛する妻や子供たちはもちろん、今私の周りにいる素敵な人々は、すべて、この時明確にした「理想の要素」を持っている人、私にとって、大好きな要素を持っている人しかいません。そういう人しか、自分のまわりに寄ってこなくなるのです。

また、「理想の仕事の要素」と言っても、職業とは限らず、日々の生活すべての活動すべてが含まれます。私は「理想の仕事の要素」を明確にしたことにより、職業名や肩書ではなく、本当にやりたいことの要素が明確になり、日々それしかやらず、幸せに豊かに暮らせるようになりました。

「ソースワークショップ」で、自分の中にある光り輝く「ダイヤモンド」がいっぺんに見つかるわけではありません。
一粒一粒は光っているのかよくわからないような、砂金の粒を集めるような作業です。
なんの価値があるのかもわからないと思っていた自分の中から出てくる「砂金の粒のようなもの」を集めてみると、
本当に人とは違う、美しい光を放ち輝いている塊になるのです。自分だけの、自分しかないその輝きを愛し、大切に扱うことにより、本当の自分の本質「源(source)」で生きるようになり、愛する人たちに囲まれ、本当にやりたいことだけをやって、人のためにも貢献することができるようになるのです。

ソース公認アドバンストレーナー
山田佳樹
※下記ページへお進みください☆
ソースワークショップ「ワクワク発見編」